長期語学留学プログラム長期留学プログラム

 「留学」というと、とかく語学を学びに行くものと捉えられがちですが、発想を変えて「環境を変える機会」「海外を体験する」「海外を感じる」「一人で乗り切る体験」「自信をつける経験」と言い換えてもいいかも知れません。その目的の総称として「留学」と私たちは呼んでいます。


 とはいえ、留学なので学びもあります。でも日本で学んでいる学校とは全く雰囲気も教育システムも違います。

語学留学とは、世界中から集まる英語を母国語としない国の学生たちと一緒に英語を学び、その土地でしかできないアクティビティを楽しみます。登校初日に英語のレベル分けテストが行われます。そのテストの結果を見て、自分のレベルに合ったクラスに入ることができます。ABCから学ぶクラスからありますので、英語力がなくても不安に思うことはありません。


こんな方にオススメ

  • 英語力を付けたいと思っている方
  • 英語力に不安を感じている方
  • はじめての留学のために少し不安と思っている方
  • 世界中に友だちを作りたいと思っている方
  • この留学をきっかけにして前に歩みだしたい方
多くの学校は16歳からの受入れですが、オーストラリアやニュージーランドでは13歳から受入れる学校をご紹介できます。

 日本での不登校経験や障害を持つ子供たちを理解してくれる語学学校を前提としてご紹介しています。

 学生数もそれほど多くなく、100人~250人程度と、学生の行動がしっかり掴める範囲としています。

 学生の国籍も様々で、ブラジル、メキシコ、中国、韓国、サウジアラビア、台湾、ヨーロッパ各国、そして日本からと、英語を母国語としない国の学生たちが集まっています。


 英語力によってクラス分けを行い、初心者から上級者まで8~10レベルくらい細かく分けられています。

 このクラス分けは、入学日に「筆記テスト」と「インタビュー」を行い、英語力に合ったクラスに振り分けられます。

 よって、自分だけ理解できないということはなく、無理のない英語学習の環境が用意されてます。

 1クラスは10名~15名程度で、先生を中心としながらも、一人ひとりの進捗状況を確認しながら英語の勉強を進めていきます。


 多くの学校の施設では、コンピューターラウンジがあり、ここには日本語対応のパソコンも完備されており、学生が自由に使うことが出来ます。


 学内のWIFIも利用が可能です。1日のスケジュールは学校によって特色を出しているため違いはありますが、おおよその時間割は以下のようになっています。


時間割
8:30~10:00英会話レッスン
10:30~12:00英会話レッスン
13:00~13:50選択科目(スピーキング、発音矯正、テスト対策、ライティングなど)
13:50~14:00休憩
14:00~14:50選択科目(スピーキング、発音矯正、テスト対策、ライティングなど)
選択科目(一例をご紹介)
スピーキング
(初級~上級)
・話す際の文法などの間違いを先生が丁寧に指摘し訂正する
・毎週、一人ひとりの学生にコメントを渡し、スピーキングを評価
発音矯正
(初中級~中上級)
・発音のプロが発音記号を細かく徹底的に指導する
・手鏡を使いながら、一人ひとりの口の動かし方をしっかりチェック
テスト対策
(中級~上級)
・TOEIC,TOEFL,IELTS対策コースで専門講師によりきめ細かいレッスン
・リスニング、ボキャブラリー中心のテスト対策
ライティング
(初級~上級)
・短文からエッセイまで幅広いライティングスキルを学ぶ

また、放課後には自由参加でアクティビティが用意されています。(以下参照)

放課後

 放課後は、街を散策するのもいいですし、残って先生に質問しても先生は快く対応してくれます。

 または、学校が用意しております「アクティビティ」にも自由に参加することが出来ます。

 日頃の英語勉強の成果を活かし、英語を実践的に使ったり、世界中から集まる学生達と友達になるいい機会です。

 その国その地域ならではの体験を満喫することができます。

 その他にも、インフォメーションボードには現地のツアー会社が催している週末小旅行観光ツアーなども掲示されており、参加したいツアーがあれば学校で申し込むことができます。

0120888293
カウンセリング予約
メール相談
資料請求
電話お問い合わせ カウンセリング予約 メール相談 資料請求